TOP NEWS STYLE SHOP INFO CONTACT

【特集】

動線を確保して過ごしやすい空間計画を

2021.01.25

G.L.B STORE

人間が過ごしやすいと感じる様々な距離感。
室内での動作空間は、「人と家具」、「人と壁」、「人と人」の関係で決まります。
例えば大人一人が通るときにストレスなく動ける幅は600㎜と言われています。
物を持って歩く場合は750mm以上あるとゆとりがあります。
リビングでの動きかた、ダイニングでの動きかたで距離感は変わります。
新しい家具を検討するときにも動線を意識したサイズの物を選ぶとより過ごしやすくなります。
ご自宅でご家族の動きやご自身の生活を想像しながら、よりストレスのない気持ちの良い空間計画を考えてみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ
前のページへ戻る