TOP NEWS STYLE SHOP INFO CONTACT

【特集】

お部屋を広く見せるコツ

2021.01.17

G.L.B STORE

お部屋が狭くて、ソファを置いたら窮屈に感じるかも・・・。
そんな不安をお持ちの方に少しでもお部屋を広く見せるコツをご紹介します。
家具の置き方1つでソファを置いてもスッキリと見せることができます。

(Point1)
・高さを低くする
家具を目線よりも低い高さに統一することで視界が広くなり、圧迫感が少なくなります。
これから家具を揃える方や買い替えを考えている方は高さを意識して選んでみましょう。
ソファも低いものの方がお部屋をスッキリと見せられます。低いソファはお部屋の真ん中に置いたときに空間が抜けます。壁付けで置いたときにも壁の面積が広く見えます。
(Point2)
・入口からすぐに目に付く場所をスッキリさせる
入ってすぐに大きな家具やごちゃごちゃしたものが見えると狭さを感じます。すぐに目に付く場所にくつろげるソファや見せたいものを置いてみてください。お部屋に入ったときの第一印象がガラリと変わります。家具の移動が難しくても、できるだけ家具やごちゃごちゃしたものを隠したり、隅の方に置いてみたりするだけでお部屋に広さを感じます。窓の前にはなるべく物を置かないようにすると開放感ある空間になります。
(Point3)
・色を揃える
一般的に白系の壁が多いと思います。白はお部屋を広く見せることができます。他にも、カーテンや大きめの家具を明るい色にすると同様の効果が得られます。家具や小物の色を統一させることでスッキリとした空間を作ることができます。
ポイントをチェックして、ソファでゆったり過ごせるお部屋を作ってくださいね。

このページのトップへ
前のページへ戻る